| 

ED治療を始めるタイミングとは

EDといっても、実はいろいろとタイプがあるのです。それを知っておかないと、実は自分はEDだったのにきがつかなかったなんてことにもなりかねません。EDについて、ちょっとおさらいをしておきましょう。

EDとはどんな症状なのか
まず、EDと聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、勃起ができない状態です。勃起できないといっても、全く勃起しないものから、半分くらい大きくなるといったものまで、程度もさまざまです。もちろん固くはならないので、挿入することもできません。
次に大きくなって、挿入はできても、射精まで間に萎えてしまう状態です。これは中折れといい、男性も少なからず経験はあるものです。ところがこれが頻繁に起こるとなってきたらEDになってしまうのです。
そして、あと1つあるパターンが、妻や彼女といったパートナーや、特定の女性にだけ勃起しないというのも、EDなのです。妻にはたたないよなんて、男性も実はED、勃起不全となるのです。

ED治療を始めるタイミングとは
ED治療は、レビトラといった薬を飲むことで行います。ED治療は、やはり早いほうが、またEDの症状がまだ軽いうちのほうがそれだけ早く改善されるでしょう。もし、女性とセックスで勃起しない、また中折れが増えてきたら、まずはネットでのセルフチェックをしてみたり、病院やクリニックを受診してみてはどうでしょうか。
やはり何回か連続して、射精に至らないとなってきたら、年齢に関係なく怪しんだ方がいいでしょう。また、自慰行為ができるからと安心してはいけません。女性とのセックスの時には、緊張や不安を感じるようにもなってきたら、まずは相談だけでもした方が良いでしょう。
もしも、個人輸入を考えたら、予算も考えてから、よく情報を集めてから、このレビトラや他のED治療薬を購入しましょう。
なお、ED治療薬を入手しても、ただ飲めばいいというだけでありません。パートナーがいたら、こんなときにこそ、協力をしてもらわないといけません。

EDも重症化すると、治療も大変ですし、パートナーともセックスレスに陥る確率も上がってしまいます。パートナーにEDと心配させるよりかは、早く治療して安心をさせてあげましょう。大丈夫と目を背けるのが、一番自分のためにもならないのです。