| 

レビトラを使う前にEDの原因も知っておこう

男性ならば誰もが、自分はEDになるなんて、1度もかんがえたことはないでしょう。だからこそ、EDになってしまったとき、驚きや焦りを大いに感じてしまうのです。
すぐにED治療薬のレビトラを知っておいたり、使うことも大切ですがやはり、ED自体についても知っておいた方がいいのです。

EDになってしまうのは体調面と心理的なの面から
EDになるのは、そもそも性的な興奮を感じても、血管を十分な広げられないため、血液が海綿体にながれこまず、膨張しないためです。このときには、勃起を阻害するPDE5という物質も多く発生しているのも要因です。他にも動脈硬化があって、拡張しにくいこともあります。動脈硬化だと、生活の乱れや他の病気の影響なんてこともあります。実は、勃起しなくなってきたのは他の病気のサインということもあります。この状態でレビトラで勃起させても、根本的な解決にはなっていないため、この薬の服用がやめられなくなったり、なかなか症状が改善しないこともあります。
あと、神経が手術や怪我のために、痛んでいたりなどで興奮が伝わらずに、勃起しなくなるケースもあるのです。このように体調面でも、いろいろな要因で勃起しなくなるものです。これらだと、この薬でも何とか改善することも不可能ではありません。医師とよく相談してから、薬は処方されるようにましょう。

次に心理的な面でもEDは起こる
体調面の他にも、心理的な面でもEDは起こるのです。
仕事や家庭などのことでの精神的なストレスから、EDにもなるのです。また、彼女や妻といったパートナーの一言でなってしまうケースもあります。
いったん勃起しなくなると、また勃起できなくなるのではと、プレッシャーや焦りなどから、性的な興奮を感じにくくなり、勃起しなくなってしまうのです。
この薬を使えば、効果も期待できますが、やはりどちらが原因かで変わってくるので、しっかりと症状や原因も調べておきましょう。

この薬を使えば、どちらの場合にも対応できると言われています。とはいっても、特に心理的な面からくるEDの治療は時間をかけていくことも大切です。まずは、これらが病気の原因とであることを知り、そのEDの治療のために、この薬もどんどんと使っていきましょう。