| 

レビトラで心理的なプレッシャーを克服しよう

EDになってみると、セックスの時には、発起しないのではという不安が初めから、つきまといます。女性を愛撫していても、勃起のことを考えてしまい、女性を気持ちよくさせることに集中できなかったり、自分が興奮できなくなってしまうのです。いざ、女性に愛撫されようとすると、もう早く勃起しろと考えるのですが、さらにそれが余計なプレッシャーとなったりして、ますます勃起しなくなってしまうのです。

レビトラは、バイアグラのように勃起を促進します。その効果も、バイアグラよりも早く効きはじめますし、また持続時間も長いと好評です。20mgを使えば10時間くらいもつので、セックスのタイミングも好きなタイミングにできます。時間の融通も効くのも、メリットのひとつと言えます。
この薬を使えば、すぐにEDは治らなくても、まずは勃起してくることで段々と治ってくるようです。勃起できないのではという不安も、飲むことで安心して、セックスに集中できるようです。この薬は精神的な安定作用があるわけではありませんが、飲むだけで気持ち的にも前向きになれたり、治せるんだと思えるので、実際には精神面での安定をもたらしてくれるでしょう。
また、催淫効果もありませんが、飲んでみると試したくなるので、セックスもしたくなるようです。EDの場合にひどくなると、セックスすらしたくなくなることもあります。それを考えると早めから飲んでおく方が、こうしたマイナスな考えに陥らなくて済むのです。そうなれば、回復してくるのも自然と早くなるでしょう。

ただ、1つ気をつけないといけないのは、依存です。この薬自体には依存症という効果や成分はありませんが、精神的に依存してしまうこともあります。本当は段々と減らしていき、飲まなくても勃起することが目標ですが、常に飲み続けないととセックスができないでは、解決にはなりません。この薬を飲むのがあまり前、減らすと不安で、勃起しなくなっては逆効果です。

この薬は勃起をさせてくれますから、ついついこの薬に頼りきってしまうものです。安心してセックスをできるのもいいのですが、いつかはなくてもできることを考えて、期間や飲む量を考えておくことも必要なのです。